株式会社ハウジング山元

スタッフブログ

明けましておめでとうございます。2018年01月07日

 
新年あけましておめでとうございます。
 
 
昨年は格別のお引立てを賜り厚く御礼申し上げます。
 
本年も、より一層のご支援を賜りますよう、
従業員一同心よりお願い申し上げます。
 
 
 

冬季休暇のご案内2017年12月25日

 
本年はひとかたならぬご愛顧にあずかり、ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
誠に勝手ながら、2017年12月26日(火)~2018年1月6日(土)まで、
冬季休業とさせていただきます。
大変ご不便をお掛け致しますが、
何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 
 
どうぞよいお年をお迎えください!
 
 
 
 
 

事務所移転のお知らせ2017年10月22日

 
[お知らせ]
 
このたび平成29年10月22日より営業所を移転しました。
これを機に、さらに皆様方のご愛顧を得られますよう専心努力いたす所存でございますので、今後ともなお一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。
 
[移転先]
 
〒610-0343  京都府京田辺市大住平谷8-308-2
電話:0774-63-6501
FAX:0774-63-6650
※電話番号、FAXに変更ございません。
 
 
お近くにお越しの際はぜひご来店ください!
 
 

 
 

アユ釣りに行ってきました。52017年09月08日

8月23日今年7回目の鮎釣りです
前回の7月19日の釣行から台風5号が来るなどして約1ヶ月ぶりの鮎釣りです。
 
台風5号といえば私も少なからず影響を受けました。
今年はお盆渋滞を避けて早めの夏休みを取り、
墓参りを兼ねた3日間の家族旅行で四国へ行ってきたのですが、
2日目が丁度台風5号の通過と重なってしまい、
行く先々で避難情報が出るので「雨雲レーダー」見ながら場所移動です。
 
しかし夕方、高知県に着く頃は青空も見えてきて夕日がとてもきれいでした。
ただ3日目は前日の分を取り戻そうと朝から観光列車に乗り、
海水浴に行き・動物園に行きそして旨いもの市場めぐりと
ハードな一日となりましたがとても思い出に残る旅行でもありました。
 
 
友達が「三重県の名張川が台風のあと水も引いて鮎がよく釣れている」
との情報をくれたので、名張川を目指して車を走らせました。
しかし、釣れ出して10日以上たつので釣荒れていないかと少し不安になり、
情報収集のため名張川下流の奈良県「波多野川」の広瀬で聞くことにしました。
 
「ここも最近良く釣れているよ」
確かに鮎が沢山見えます。ならばここで釣ることにしました。
1ヶ月ぶりの鮎釣りに気持ちも高まります。
しかしタモに鮎を移した瞬間に愕然となりました。
おとり鮎が2匹とも弱り切っています。
 
「はやる気持ちのために水合わせをしなかったせいか?」
「おとりを買った場所が暗かったために弱ったおとりを
買ってしまったのか、触った感じは悪くなくでも鼻先に傷もあるし…」
 
しかし今更交換に行く気にもなれず、「時間がたてば元気になるかもしれない」
と流れの緩やかな所で静かに泳がせることにしましたが、
2匹ともチョロチョロといてはペタンで、
1時間以上頑張りましたがとても釣れる気がしません。
あきらめて場所移動と決めましたが、
最後にヘロヘロの囮に大きめの重りをつけて白波の瀬に投げ込みました。
その瞬間黒い影がさっと横切り竿がのされてしまい
慌てて10m位下流に走りやっとの思いで取り込んだ
鮎は23㎝はありそうな鮎です!
 
しかし次が続きません小っちゃな鮎が2匹だけ、おまけに瀬落で先の元気鮎が大きな鯉と一緒におさらばです。
途中雷もなり夕立になり早々に引き上げました結局釣果は15匹とても疲れました。
 
 

 
 

お盆休み2017年08月25日

残暑が厳しい毎日ですね。
 
お盆休み(からだいぶ時間がたっていますが😅)は、

ちょっと優雅にアフタヌーンティーなんてものに行ってきました。

 

 

 

京都の長楽館です。

広いお部屋に少人数制でゆっくり贅沢な時間でした。


 
 
建物もインテリアもとても素敵です。
洋館に住んでみたい!と憧れています。
 
 

夏季休暇のお知らせ2017年08月10日

誠に勝手ながら、2016年8月10日(木)~8月17日(水)まで、
夏季休業とさせていただきます。
 

ご不便をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い致します。
 
 

アユ釣りに行ってきました。42017年07月28日

 

今年の気候はどこか変です、九州や東北など大雨で洪水被害のところがあるかと
思えば、渇水が続く河川もあります。
大雨で水害に合われた方が一刻も早く元の生活に戻れますよう、お祈りいたします。
 
 
関西地方は渇水が長く続き、ここにきてやっと平水に戻った河川が多く、
私のような隔週鮎釣師にとっては自然相手には勝てません。
 
ブログは書きませんでしたが、2回ほど京都の美山川行きましたが
釣果は散々で7匹と3匹で前前前回の名張川の0匹から
3回連続ツ抜けができません。
5月末には41匹釣れた場所でも条件が変われば全然釣れません。
自然のせいにしていますが中には20匹前後釣られる方もいるので
私に釣りの腕がないのでしょう…
 
今回7月19日は、滋賀県の安曇川朽木に行きました。
朝8時を過ぎて朽木に着いた頃には釣師の姿があちこちで見られます。
囮2匹と日券(朽木は年券はありません)を持って場所は船橋に入りました。
理由は車を駐車しやすく川まで近いからです。
船橋上流にはすでに2人が竿を出していたので船橋下流から北川出合まで
釣り下がり。昼からは道の駅下から船橋上流を瀬肩から釣下り、
午後4時まで19匹の釣果でサイズはビリ鮎~18㎝くらいです
(囮にならないのはリリースしました)。
 
今回は今年買った鮎竿のソリッド穂先を生まれて初めて使いましたが、
なかなか調子がつかめず苦労しました。
瀬ではタイミングが合わずに竿がノサレて身切れ・高切れで、
また水深のある場所では大きめの鮎をなかなか浮かせられず
取り込みも失敗してしまい6匹ほどは回収できませんでした。
 
今まで使っていたチューブラー穂先ではあまりなかったトラブルが多く、
でも囮が弱りにくいような気がしますし、感度が抜群でこれから使って
早くソリッド穂先の調子をつかみたいと思います。

 

 

 
 

梅雨の晴れ間2017年07月08日


 

 

昨日、梅雨の晴れ間に現場の掃除、草刈をしました。

蒸し暑さと気温とでフラフラになりましたが、スッキリしました。
 

 

京田辺市大住平谷新築現場は土・日・祝はモデルハウス見学会を開催中です。

その他物件も随時見学等受付しておりますので、お気軽にお問い合わせください!
 

 

大住平谷新築現場 ↓

平谷


 

 

京田辺市田辺棚倉新築用地 ↓

棚倉


 

 

その他物件はこちらです ↓

おすすめ物件情報

 

 
 

 

アユ釣りに行ってきました。32017年06月17日

最近の鮎釣りはどの川に行こうかで迷います。
梅雨入りはしたけれど雨が降らないので、何処の川も水がすごく少なく鮎が釣れません。
 
6月14日はさんざん迷い、解禁四日目の名張川に行くことにしました。
当日の朝起きるのが遅くなって、新町合流の森本おとり店に着いたのは8時を過ぎていました。
 
おとり店には誰もいません、近くの木の下で椅子に座った店主が
「おぃ、こっちや」と声をかけてきます。
「お客さん、他に行くところあったらほかに行き、この川はいま鮎釣れんで」
解禁四日だから渇水でも少しは釣れるだろうと期待していた私は、ガックリです。
 
黒田橋の上まで私を案内して詳しく説明してくれました。
2週間前に雨が降りその時上流から泥水が流れてきて石にかぶり、
おまけに今上流のダムから底水を流しているので水の色も悪く水温も低い、
解禁日は50匹釣った人もいるがそれ以降まったくだめだそうです。
困った顔をしている私を見て、
店主は、「どうしても釣りたいなら、支流の宇陀川の赤目口橋の下で釣り、ただ保証はできへんで・・・・・」
 
早速おとり2匹を連れそこに入ることにしました。結果は撃沈です12時までおとり変わらず、他の川に行く元気もなくそのまま帰りました。
次回は、梅雨明けにします。
 
 

アユ釣りに行ってきました。22017年06月02日

5月31日水曜日に鮎釣に行ってきました。
 
 
今回は「かやぶきの里」で有名な京都の美山川です、以前はよく来ていたのですがここ数年はご無沙汰しています。
前日は日中がとても暑かったので、夜に友達とビアホールへ行き少し飲みすぎてしまい、朝起きるのがつらかったです。
美山川についたのが朝の7時半すぎで川原には多くの釣人が入っていました。
 
上江和に入ることにしましたが、すでに駐車場には5台ほどの車が止まっていて、川原には7,8人が釣りをしています。
平日でおまけに渇水(-25㎝)そして解禁から約1ヶ月は年券でしか釣りができませんが今年は近年まれにみる釣果が出ているとのことで人気が高いようです。
 
仕方なく500mほど上流にある上江和堰堤まで歩いて行き、
先週釣行した同じ渇水の大内山川でよかった堰下の深みから竿を出しましたが、
川が変われば状況も変わるようでまったく反応がありません。
深場には鮎が群れで見えるのですがなかなかかかりません2時間近くで3匹です。
 
下流に釣下りますが釣人がまた増えていて場所がありません。
そこで作戦変更で皆さんが釣ってなさそうな場所を責めることにしました。
水がすくない浅場で流れがあり廻りより少し窪んだところに囮を入れるとこれが大当たりすぐさまヒット。
しかし2回連続のばらし、針が合ってないようなので6号4本錨から6.5号3本錨に変えると、ばらしがなくなり面白いようにかかります、大石の裏の細い流れでは野鮎がすっ飛んできます。
午後1時まで29匹の釣果でした昼食後は駐車場より400mほど釣下がり12匹追加で41匹の釣果で、4時前に終了しました。
 
今年の美山川は鮎が沢山見えます。
雨来て水が増えればますます面白い釣りができそうです。
 
ただし人気河川なので多くの釣人や、京都の料理屋さんに鮎を下しているプロの名人達人が大勢おられますので、
毎年釣荒れが早く私のような週一の年数回しか釣行しない者にはすぐに厳しい川になります。